テクノべート

製品を安くつくれる技術進化!ムーアの法則

テクノロジーの分野で提唱されている「ムーアの法則」について説明していきます。「ムーアの法則ってなに?」という方もいるかと思いますので、どんなものなのか。ビジネスにどのような影響があるのか。という点について説明していきます。

 

 

技術が進化すると安くつくれる!?ムーアの法則とは?

ムーアの法則とは?

部下から、「今、開発している新製品のコストが高くなります。」という話が来ることもあると思います。こういったとき、「どうしたらコストを抑えられるだろうか。」と考えますが、もしかしたらそのコストは数年後、低くなっているかもしれません。

 

ゴードンムーアによる提唱

インテルの創設者の一人であるゴードンムーアによって提唱されたもので、「半導体の性能は18-24か月で2倍になる」という経験則から来ています。この考えは、CPU、ストレージ、ネットワークという同じ半導体を活用する商品のコストは、技術進化に伴って18-24か月ごとにコストが半額になるというものです。

 

ムーアの法則 影響

影響①

ムーアの法則により、技術の進化が向上すると、製造できる製品のスペックは劇的に向上していきます。それにより、製品設計から導入の間に市場環境が大きく変化します。これにより、未来の変化を見据えたマーケティングが必要となってきます。また、企業間でも技術の変化の方針を業界で統一的に設定されるため、企業間での連携も促進されるというものです。

ムーアの法則により、技術トレンドの統一見解を持つため、業界全体でのイノベーションの取り組みが出現していきます

 

影響②

競争環境の変化もあります。「ムーアの法則」により、情報処理速度が向上すると技術制約としてこれまでにあった、ハードウェアでの情報処理速度の制約がなくなってきます。これにより、競合との競争ポイントがハードウェアからソフトウェアへとシフトしていきます。

技術の進化に伴って、業界での競争ポイントが変化していきます。

 

 

「ムーアの法則」のコツ

ムーアの法則は、ハードウェアの進化に当てはまるものです。ソフトウェアは、指数関数的な進化はしていません。そして、ムーアの法則は永遠に通じる法則ではないことも理解しておきましょう。この法則が通じない時代が来ると、ビジネス構造が大きく変わってきます。その時代は必ず来ますので、現在のCPUの性能だけれなく、この先の状況を推測し、いち早く情報入手をし続けることが重要です。また、これらを理解した上で、自社の技術追求をしていくとよいと思います。

 

メーカーでの経験を通じて

「ムーアの法則」は、CPUの進化についての提唱となりますが、このCPUを材料の進化や技術シーズと見ると、他の業界にも当てはまめることができます

アナログ商品では、樹脂材料や紙などの性能を各社が常に進化させており、その材料の進化によって劇的市場が変わることがあります。例にあげると、合成紙により、水をつけても破れない紙や木材の使用量を劇的に減少させた紙、合成樹脂で油に強いABS素材などがこれにあたります。これらを活用することで、水中でも筆記できるメモ帳が開発されたり、環境配慮されたノートが開発されたり、油の飛ぶキッチン周りでABS樹脂をハサミが開発されたりという形です。これらはムーアの法則と同様に、初期の材料価格は高いですが、市場で利用する企業の増加や製造法の向上によってコストは減少し、企業間での競争価値にも影響してきます。

一方で、この流れに乗っている際、視野を広くして他の事業にも手を打っておく必要があります。先にも触れてきましたが、「ムーアの法則」でも触れましたが、必ず技術進歩が止まることがあります。その際、事業として、どの様なサブ案を持っておくか。ここが重要となります。

逆に、今ある革新的な材料に乗り遅れた場合にも、代案を探すことで注目されている商品を他のアプローチによって市場を奪うこともできます。

この様に、「ムーアの法則」はアナログ分野でも当てはまり、代案も進めることも重要です。

 

 

まとめ

ムーアの法則は、インテルの創設者の一人ゴードンムーアによって提唱されたCPUの進化は12-24ヵ月で劇的に進化し、コスト構造も変ってきます。これにより、技術革新からの製品性能向上はもちろんのこと、この動きを見越したマーケティングも必要となります。CPUに限って、「ムーアの法則」が提唱されていますが、他の業界においても、同様の状態が当てはまることが多々あります。

 

 

↓【テクノベート】記事一覧はこちらから


≫≫≫トップページに戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です